ホーム>技術指導および人材育成

技術指導および人材育成

   

安城レーザ技術大学

安城市産業振興部商工課より委託を受け、平成28年度よりレーザ技術に関する講座を弊社にて弊社にて開催しています。
安城市および安城市周辺都市より約30名が参加し、将来の加工技術を学んでいます。

講座概要

開催日時:水曜日の18:00~20:00
      10ヶ月間に30回の講義・実習・工場見学などを実施
講師:沓名宗春ほか

今年度の安城レーザ大学の講義内容はこちらをご参照ください。

 安城レーザ大学講義風景  安城レーザ大学講義風景2
              講義風景                   工場見学の様子(三菱電機)

  安城レーザ大学開催案内

   

レーザによるものづくり中核人材育成講座

光産業創成大学院大学が中心となって、平成10年より開始した世界でも例を見ないレーザ技術に関する中核人材育成講座。弊社代表取締役の沓名はこの講座の立ち上げから、参画し、現在も講師、企画運営委員として支援している。
浜松市、静岡県、浜松ホトニクスが共催して、100時間の講義などを金曜日と土曜日に開催している。7月から12月までに浜松駅近くの研修場所で座学を行うとともに、関係機関で実習も行う。毎年、弊社でもレーザ加工技術の実習も実施している。

レーザによるものづくり中核人材育成講座の詳細はこちらをご参照ください。

 中核人材育成講座

   

レーザの安全性に関する技術指導

レーザ装置の安全性およびレーザ加工の安全・衛生について、JIS-C 6802を中心にテキストを用いて
約2、3時間の技術指導を行います。
安全教育をご希望の際はTEL(0566-91-2281)またはE-mail(altrec-kutsuna@nifty.com)まで
ご連絡ください。


   

JICA Welding Technology Training Course

1974年よりJICA(国際協力機構)の依頼で名古屋大学工学部益本研究室でJICA溶接技術研修コースが始まった。
益本先生退官後は日本溶接協会がこの人材育成事業を引き継ぎ、2012年まで実施された。
その間、開発途上国57ケ国からの研修生約380名の近代溶接技術の教育(人材育成)を実施してきた。
弊社代表取締役の沓名は38年間におよぶ人材育成の事業に直接携わり、2000年以降はコースリーダーとして指導してきた。これらの経験を生かして、レーザ技術に関しても人材育成事業を積極的に進めている。    

 JICA1  JICA2
 JICA3  JICA4
              JICA Welding Technology Training Courseの様子
   

ページのトップへ戻る